ネット上の画像はにコピー貼り付け注意!

Markです。

スポンサーリンク
スポンサーサイト




著作権!

ブログに載せる画像はWeb上から適当にダウンロード
してはダメなんですよね!
そんなこと知ってるて? 私も始めた所なので一緒に
もうちょっと勉強しましょう!

著作権て何のためにあるの?

私達は、日ごろ、本や雑誌を読んだり、CDの音楽を
聴いたり、テレビで映画やアニメを見て楽しんだり
しています。
本,音楽,映画などの作品は、作った人が必ずあり、それを
作品という形で表現したものです。この表現されたものが
「著作物」といい、著作物を作った人を「著作者」と呼び、
法律で著作者に与えられる権利を「著作権」と言います。

この著作権は、著作者の利益を守るための法律なんですね!
なので、勝手に使うことは許されません。訴えられること
があります。また、著作権には、人格権と財産権の二つが
あります。

人格権は、著作者がその著作物に対して有する人格的
利益の保護を目的とする権利の総称である。

財産権にも色々あるそうですが、著作者は、
利用者から使用料を得ることで、利用を許可します。
その利益でまた新しい著作物をつくることができて
日本の文化が発展できることを目的としています。

ちょっとぐらい・・・いやいやダメですよ!
(利用量を払いましょう)

著作権にはどんなものがあるの?

著作物の種類:

[言語の著作物](小説,脚本,俳句など)
[音楽の著作物](楽曲や歌詞など)
[舞踊、無言劇の著作物](日本舞踊、バレエ、ダンスなどの舞踊など)
[美術の著作物](絵画,彫刻,ポスターなど)
[建築の著作物](芸術的な建物など)
[地図、図形の著作物](地図と学術的な図面、図表、模型など)
[映画の著作物](劇場映画,テレビ,DVDなど)
[写真の著作物](写真,動画,グラビアなど)
[プログラムの著作物」(コンピュータプログラムなど)
あげるとキリがないくらいありますね。
ちょっと変わったところで言うと
[二次的著作物]があります。
これは、上に記したような著作物を元にして、創造されたものです。
例えば、「小説を映画化したもの」や「小説を翻訳したもの」
そうそう、この前、ニュースがありましたよね、「森のくまさん」・・・
[編集著作物]や[データベースの著作物]ていうのもあります。

ブログなどで使ってもいい画像について!

Web上には、ロイヤリティフリーや無料画像て検索すると沢山でてきて
便利なのですが、それぞれのサイトによっては、注意が必要です。

ロイヤリティフリーとは、事前に取り決められた使用許諾範囲内であれば、知的所有権に関する追加の使用料(ロイヤルティー)の発生が免除されている著作物や技術のこと。 従来写真等に対して使われる用語であったが、最近はオープンソースソフトウェアや、オープン標準として定められた標準技術の利用に際する用語としても使われる。

ロイヤリティフリーて無料ではないのですね!
一度購入すると使用許諾の範囲内で何度でも使用できる素材のことです。

著作権フリー作品は、著作者が権利を放棄した作品 あるいは、「著作者
の死後50年が経過し、パブリックドメインとなった作品」であり
誰でも自由につかえるてことになります。
パブリックドメイン:、著作物や発明などの知的創造物について、
知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のこと。

このため、ロイヤリティフリーで料金を払うか、著作権フリーの素材を
利用しないとダメってことになります。

あと、「クリエイティブコモンズ」という作品があります。
これは、ある一定の条件を守れば、自由に使ってもいいよという作品
のこで、一定の条件とは
・原作者の氏名やタイトルを表示する。
・営利目的ので利用はしないこと。
・元の作品を変更・修正しないこと。 などいろいろあるらしい!

今日、学んだこと!

1.言語や音楽、写真などの誰かが創作した物などには、必ず著作権があり、
勝手に個人使用したらだめ!
2.「ロイヤリティフリー」と「著作権フリー」は異なる!
3.クリエイティブコモンズという作品には、一定の条件が必要!

ではまた!


SNSフォローボタン
スポンサーリンク
スポンサーサイト




スポンサーリンク
スポンサーサイト




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。