Roland SC-88Pro

Markです。




スポンサーリンク
スポンサーサイト




DTM名機?

Roland SC-88Pro をご存知でしょうか?

DTMをされている方なら知らない人はいなのかな?

SC-88Proの名前を聞いて、う~ん懐かしい! DTM
まだ使っている人いるのかな?
私は、今は使っていませんが、
大事にとってあります。(笑) DTM最高

久しぶりに、ハチプロ使ってみようかなと思い
電源を入れてみました。
なんと正常に起動するではありませんか! 趣味 DTM 作曲 
SC-88Pro 写真

長い間使っていなかったので、完全に操作を
忘れてしまっています。(笑) 趣味 DTM 作曲 

説明書のリンクを貼っておきます。 DTM
私も再度、説明書を確認したいと思います。 趣味 DTM 作曲 


SC-88proのご紹介!

懐かしかったので、ちょこっと紹介したいと思います。

SC-88Proは、1996年10月に発売されました。
最上位機種のSC-88の上位モデルとして登場し、
当時、定価89,800円もしておりました。

このころは、MIDI全盛期で  趣味 DTM 作曲 

巷ではNIFTY-ServeのFMIDIをはじめとするパソコン通信で、
ユーザーが作成した音楽データが流通していました。
(1987年~2006年まで運営)  DTM最前線
私も、Nifty-Serveに加入して、よくFMIDIの
データをダウンロードしては、SC-88Proで聞いて
楽しんでおりました。

現在は、ソフトシンセがメジャーですが、1996年頃は、
PCの能力も低く、まだソフトシンセを鳴らすことが
できませんでした。

1996年当時は、Rolandの規格のGS音源と
YAMAHAの規格であるXG音源が
競いあっておりましたが、SC-88Proが発売になり、
機能が優れてて一気に大ヒットになった商品です。

音色数は、1,117音(PCM)で2系統のMIDI入力を装備しており、
合計32chのマルチティンバー(32種類の音色を同時に
鳴らすことが可能)で、最大同時発音数は64音、
さらに、インサーション・エフェクト搭載で最高の
スペックを誇っておりました。 趣味 DTM 作曲 

少し前になりますが、「SOUND Canvas for ios」
が発表になりました。ななんと、iPhone&iPadで「SC-88pro」が
復刻したわけです。(2015年1月29日/2,400円)

主な仕様は、 DTM機材
・最大同時発音数:64音(ボイス)
・音色マップ:4種類(SC-8820, SC-88Pro, SC-88, SC-55)
・プリセット音色数:1600音色
・対応フォーマット:GS / GM2 / GM
・搭載エフェクト(Reverb:8種類,Chorus:8種類,Delay:10種類
2Band EQ,EFX:64種類)
・Virtual MIDI 対応
・OPEN In 対応

2,400円で、SC-88Pro相当が手に入るなんで!
いい時代というか?、ちょっと悲しいと言うか?
複雑です。趣味 DTM 作曲 


当時のDAW環境について

当時、私の環境は、MACでDigital Performerを使用しておりました。
MOTU社のMIDIインターフェースで、外部の音源を制御して
楽しんでおりましたね!(う~ん さらに懐かしい!)

マシン環境をMACからWindowsへ移行させた関係もあって、
Digtal Performerとお別れしてしまいました。

今は、Cubase8.5を使用しております。

Degital Performerも更に進化しているみたいで、
Ver.9がリリース(2015年7月)されてたのですね。
(頑張れ!MOTU!)

ちょっと調べてみたのでご紹介しますね。

Digtal Performer(以下DP9)の主な新機能は
「オートメーションの追加」「オーディオプラグインのMIDIラーン対応」
「検索機能の充実」「トラックコマンドの生成」「プラグインウインドのフローティング」
などだそうです。新機能ではありますが、最近のDAWでは、目新しい機能は
あまりないって感じですかね!

低レイテンシーが業界一だそうで・・・いいね!

次回は、SC-88Proを鳴らしてレビューしてみますね!

ではまた!

趣味 DTM 作曲 


SNSフォローボタン
スポンサーリンク
スポンサーサイト




スポンサーリンク
スポンサーサイト




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。